クラウドバンクの始め方 | 初めてのクラウドバンク 口座を開設しよう!

menu

クラウドバンクの始め方

HOME » クラウドバンクの基礎 » クラウドバンクの始め方

クラウドバンクの始め方はどのようにすればよいのでしょうか?
口座開設に関しては前述しました通り、公式サイトの右上に「口座開設」のボタンがあるので、そこからナビゲーション通りに進んで入力していけば完了です。
料金はもちろん無料で、販売手数料も無料です。
基本的には証券会社等と同じ流れですが、最短5営業日で投資ができるようになります。

注意しなくてはいけないのは、人気ファンドはすぐに売り切れてしまうという点です。
それを防ぐためには、口座開設後、定期的にWEBサイトトップの「ファンドを探す」ボタンからこまめに有望なファンドをチェックしなければなりません。
基本的には口コミなどに惑わされず、自分で試してみる方が早いです。
なお、銀行振り込みの入金手数料はお客様負担となるので注意しましょう。
出金については無料です。
商品については、最低投資金額を上回ったときに運用が開始されますが、そうでない場合はお客様の口座に返金されることになります。
習うより慣れろという感覚で、少額投資から始めるのがおすすめです。

クラウドバンクは再開したばかりで、まだ注目を集めていない今がチャンスかもしれません。
口座は無料、あまり資金がなくても始められるので、とにかくすぐに行動し、視野を広げていけば、今人気のIPO(新規公開株)以上にチャンスが巡って来る可能性があると思います。
株・IPO(新規公開株)などの競争激化は目覚ましく、低額資金でリスクを抑えて始められるクラウドバンクは非常にねらい目かもしれません。
投資はとにかく行動することで世界が変わるので、ぜひトライしてみましょう。

クラウドバンクの魅力はその独自性と、レッドオーシャンではないところにあります。
レッドオーシャンとは競争の激しい既存市場のことです。
クラウドバンクの仕組みについては下記公式サイトの引用をご参照ください。

日本クラウド証券が運営するクラウドバンクは、日本で初めて証券会社が提供するソーシャルレンディング・サービスです。
私たちは、日本初で唯一のクラウドファンディング取扱い証券会社(第1種金融商品取引業者)としてサービスを提供し、金融商品取引法によって求められるコンプライアンス体制と自己資本規制比率などの高い財務基準をクリアし、透明性の高い運営を行っています。

こうした新しい仕組みはすぐに多くの人が飛びつくことはありません。
IPO(新規公開株)が日本郵政上場を機に、大多数の人が始めるようになったように、少しずつ増えていくものですので、できる限り早めに取り組んでおくことをおすすめします。