クラウドバンクの分配金 | 初めてのクラウドバンク 口座を開設しよう!

menu

クラウドバンクの分配金

HOME » クラウドバンクの基礎 » クラウドバンクの分配金

投資信託の収益分配金というのは、投資信託が投資家にファンド運用でできた収益を分配日に分配することです。
株における配当金と同じようなものです。
ただし、投資信託の収益分配金は単純ではありません。
投資信託の種類によっても違いがありますし、また分配のされ方や税金のかかり方も違ってきます。

通常の分配金は、投資信託の運用成果に基づいて投資信託の保有者に支払われるお金をいいます。
分配金には普通分配金と特別分配金の2種類があります。
普通分配金とは、投資信託が運用されたことで得られた利息や配当金、売却益等から支払われるものです。
例えば、基準価格1000円/一万口の投資信託を10万円持っている場合、この投資信託の基準価格が1100円になったとすると、1万円の収益が出ていることになります。
この収益から支払われる分配金が普通分配金です。

対して特別分配金は、運用益を超える分配金を支払う投資信託の場合、投資元本を切り崩して支払う分配金をいいます。
例えば、毎月一定額の分配金を支払う投資信託があったとすると、運用で得られた収益が毎月分配日に支払うべき分配金に達していなかったとき、元本を一部切り崩して、支払うべき分配額にして分配金を支払います。

普通分配金と特別分配金が同時に支払われた場合は、普通分配金にのみ課税されます。
特別分配金はもらっても、元本が減少しているので収益とみなされないことから普通分配金にのみ課税されるのでしょう。
元本を一部切り崩すということは、投資信託の基準価格が下がっているということです。
特別分配金をもらい続ければ、基準価格はどんどん下がって行き、投資信託の収益性も落ちていくことになります。

クラウドバンクの場合にはファンドにて運用している貸付金や債権に、各月毎に計算して利払いなどの運用益が発生した場合に分配金が支払われるので、普通分配金と言えるでしょう。
普通分配金の方が嬉しいと思われる人は多いと思います。
しかし、これも無分配型の投資信託と比べるとお金が増えにくいというデメリットはあります。
なぜかというと、収益が出た分、基準価格は増えるのですが、それを分配することによって基準価格は元のまま、複利効果は働かないということになるからです。
加えて収益には株式の売却益や配当と同じ様に、約20%の税金がかかります。
無分配型なら増えた基準価格をそのまま複利効果に充てられるので、さらに資産は膨らんでいきます。

なお、分配金には毎月払われるものもあれば、年に一度の支払いのものもあります。