クラウドバンクで得た収益の税金について | 初めてのクラウドバンク 口座を開設しよう!

menu

クラウドバンクで得た収益の税金について

HOME » クラウドバンクの基礎 » クラウドバンクで得た収益の税金について

一般的な株や投資信託などの金融商品の税金は分離課税として一律20%と決まっています。
しかし、ソーシャルレンディングの分配金は雑所得として計上しなければなりません。
クラウドバンクも例にもれず、運用で得た収益は雑所得となります。
これは総合課税の対象になるということです。
総合課税とは、給与所得や役員報酬などの全ての所得を合算して税率を決めることをいいます。
クラウドバンクからの分配金も他の収入によって税率が変わってきてしまい、分配金にかかる税額も大幅に変わってきます。

総合課税のデメリットとしては、損失の繰り越し控除ができないことがあげられます。
一般的な株などの分離課税の場合は損失を出した年の翌年以降3年間は損失を繰り越すことができます。
しかし、クラウドバンクの場合は繰り越すことができないので、前年に貸し倒れが発生し、100万円の損失があったとしても、翌年の分配金には必ず税金がかかります。
また分離課税の場合、例えば株での損失、FXでの利益、投資信託での利益をすべて通算して、最終的な損益から税額を決めることができますが、クラウドバンクではこれができません。
例えその他の投資で分配金を超える損失がでていたとしても、分配金に対しては別で課税されます。

次に確定申告ですが、クラウドバンクに投資して得た利益以外の他のソーシャルレンディングやアフィリエイトなどの副収入がある人はそれらをすべて合算した金額が20万円未満の人は確定申告が免除されますが、20万円以上の人は確定申告が必要となります。
端的に言えば働いて得たお給料以外で20万円以上の収入を得た人は確定申告の対象となるのです。
ただ、損失を出さない場合、確定申告するのは面倒ですが、総合的な所得額次第では税率が20%以下となる可能性もありますので、それは総合課税のメリットといえるでしょう。
ただし、もし雑所得が20万円を超えていない場合でも、お給料や雑所得のすべての合計が195万円の場合は、例外として、確定申告をした方が分配金をもらう前に源泉徴収された税金の一部が還ってきます。
余裕のある人で該当する人は確定申告をした方が良いでしょう。

その他クラウドバンクで所得控除に使える必要経費は、入金手数料があります。
投資の際クラウドバンクの口座に入金する場合の手数料です。
その他インターネット代の10%、何かしらの用事でクラウドバンク社に電話をかけた時の電話代、ソーシャルレンディングに関して買った本や雑誌の料金も経費として計上可能です。