クルドバンクに入金するには | 初めてのクラウドバンク 口座を開設しよう!

menu

クルドバンクに入金するには

HOME » クラウドバンクの基礎 » クルドバンクに入金するには

クラウドバンクへの入金はどのようにすればよいのでしょうか?
登録が完了したら、管理画面にログインし、画面右上にある入金を選択します。
すると、以下のようにクラウドバンクの銀行口座情報が表示されます。

金融機関 ○○銀行
支店名 ○○支店
店舗 ○○
科目 普通口座
口座番号 「専用の口座番号」
口座名義 ニホンクラウドシヨウケン(カ クラウドバンク カリウケグチ
※口座名義は正しく入力してください。
受取人口座名義が間違っている場合は、振込先金融機関にて正しい入金処理が行われない場合があります。

あとは、この口座にお金を振り込むだけです。
入金時は自分の名前をカタカナで入力しますので、そこが注意点になります。
このクラウドバンクのマイページ内に記載されている銀行はみずほ銀行なので、みずほ銀行の口座に入金をすることになります。
振込手数料は投資家個人の負担になるので、みずほ銀行の口座を持っている人は安く済ませることができるでしょう。
無料入金枠のあるネットバンクを利用しても良いです。
入金処理については、わりと早く、通常1営業日以内に個人口座に反映されます。
出金処理については、千円単位という規定があり、手数料は無料です。
自分の口座からいつでも出金できます。
もし口座の残高が1,000円未満のときは全額一括出金のみ可能となります。
分配金は金額が許せば出金をしないで、同社の口座内で運用しても良いでしょう。
もっと自分好みのファンドがあったら、それを選んでいく選択肢もあります。

クラウドバンクの運用方法についてはこれまでもいろいろな改善をしてきた実績があります。
例えば、クラウドバンクの口座に入金する際、以前は入金申請の手続きが必要でした。
まず入金申請を最初に行ってから、その後クラウドバンクが指定する口座に入金をします。
その手続きを経てのみクラウドバンクがそれぞれの投資家への入金処理をし、ようやくマイページに入金が行われていました。
しかしこれでは、入金するのに2段階の手続きを踏まなければならないので、投資までに時間がかかる可能性がありました。
クレームが多かったせいか、その後クラウドバンクは入金処理の手続きを簡略化することにしました。
現在では他のソーシャルレンディング事業者と同様に、マイページ内に記載されている口座に直接入金することが可能になりました。
直接入金ができるようになったため、銀行が稼働している時間帯に入金処理を行えば、比較的早く投資ができるようになりました。

具体的には入金してからマイページに表示されるまでの時間はどのくらいかというと、通常、当日の9時から15時までにクラウドバンクにおいて着金を確認できたものは確認から3時間以内にマイページ上に反映されます。
15時以降の入金であれば翌営業日の10時頃にマイページに反映されます。
また、金曜日の15時以降や土日、祝日の振り込みの場合は、翌営業日の10時頃の反映となります。